先進医療検索

自家液体窒素処理骨移植

じかえきたいちっそしょり こついしょく

適応症
骨軟部腫瘍切除後の骨欠損
技術の実施期間
2004/11/01~2017/04/01終了
療養内容
骨肉腫など、骨軟部にできたがんを切除するためには、がんができた骨ごと切り取ることになります。この切り取った骨を、マイナス196度の液体窒素につけてがん細胞を死滅させたうえで、解凍して欠損した元の部位に戻すという移植法です。 液体窒素処理は、処理後に骨の強度が低下しにくく、骨折もしにくい、さらには骨の中に新しい血管や、骨を再生させる細胞もできやすいとされていることから、移植した骨の早期の癒合(骨がつくこと)をめざします。
部位分類
がん
都道府県 機関名 所在地 電話番号 実施期間
福島県 公立大学法人 福島県立医科大学附属病院終了 〒960-1295
福島市光が丘1
024-547-1111 2015/05/01~
2017/04/01
東京都 順天堂大学医学部附属順天堂医院終了 〒113-8431
文京区本郷3-1-3
03-3813-3111 2012/07/01(※)
2017/04/01
石川県 金沢大学附属病院終了 〒920-8641
金沢市宝町13-1
076-265-2000 2012/07/01(※)
2017/04/01
愛媛県 愛媛大学医学部附属病院終了 〒791-0295
東温市志津川
089-964-5111 2012/07/01(※)
2014/08/01
大分県 大分大学医学部附属病院終了 〒879-5593
由布市挾間町医大ヶ丘1-1
097-549-4411 2012/07/01(※)
2017/04/01
沖縄県 琉球大学医学部附属病院終了 〒903-0215
中頭郡西原町字上原207
098-895-3331 2012/07/01(※)
2017/04/01

※データ収集は2012年7月1日より行っているため、実際の開始時期とは異なる場合があります。

ページトップへ