先進医療検索

S-1内服投与ならびにパクリタキセル静脈内および腹腔内投与の併用療法

えすわんないふくとうよ ならびにぱくりたきせるじょうみゃくない およびふくくうないとうよの へいようりょうほう

適応症
膵臓がん(遠隔転移しておらず、かつ、腹膜転移を伴うものに限る。)
技術の実施期間
2017/04/01~
療養内容
S-1という抗がん薬は内服し、パクリタキセルという抗がん薬は静脈に点滴し、さらにおなかの中(腹腔内)にも直接注入する療法です。 がん細胞が腹膜に転移するとさまざまな症状が起こり、薬物治療を続けられなくなります。これを抑えて、薬物治療を続けやすくして、生存率の向上をめざします。
腹膜転移を伴う膵臓がんとは、がん細胞が膵臓の壁を突き抜けて、膵臓などの臓器を覆っている腹膜に広がった状態です。
がん分類
肝臓・胆嚢・膵臓のがん
部位分類
がん
都道府県 機関名 所在地 電話番号 実施期間
北海道 北海道大学病院 〒060-8648
札幌市北区北14条西5
011-716-1161 2018/02/01~
大阪府 関西医科大学附属病院 〒573-1191
枚方市新町2-3-1
072-804-0101 2017/04/01~

※データ収集は2012年7月1日より行っているため、実際の開始時期とは異なる場合があります。

ページトップへ