先進医療検索

血中TARC濃度の迅速測定

けっちゅう たーくのうどの じんそくそくてい

適応症
汎発型の皮疹(皮膚科専門医(公益社団法人日本皮膚科学会が認定したものをいう。以下同じ。)が重症または重症化の可能性があると判断したものであって、薬疹が疑われるものに限る。)
技術の実施期間
2018/04/01~
療養内容
最新の全自動免疫測定装置を使って、血液中のTARCという物質の濃度を迅速に測定する技術です。 重症薬疹のタイプによってTARCの濃度に差が出ることを利用して、重症薬疹のタイプを判別します。重症薬疹は、発症早期には問診などでは疾患の判別が難しいのが現状です。また、同様の測定を従来は検査機関に委託しており、結果が得られるまでに数日かかっていましたが、この先進医療では20分以内で自動測定を行うことが可能です。 重症薬疹を発症の早期に診断することで、それぞれに適した治療が可能になることが期待されます。
汎発型の皮疹は全身の皮膚に出た発疹であり、薬剤が原因の発疹を薬疹といいます。重症薬疹には、スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死(えし)症、薬剤性過敏症症候群など、いくつかのタイプがあります。
部位分類
皮膚
都道府県 機関名 所在地 電話番号 実施期間
奈良県 奈良県立医科大学附属病院 〒634-8522
橿原市四条町840
0744-22-3051 2018/04/01~
島根県 島根大学医学部附属病院 〒693-8501
出雲市塩冶町89-1
0853-23-2111 2018/07/01~

※データ収集は2012年7月1日より行っているため、実際の開始時期とは異なる場合があります。

ページトップへ