先進医療検索

自家末梢血CD34陽性細胞移植による下肢血管再生療法

じかまっしょうけつ しーでぃーさんじゅうよんようせいさいぼう いしょくによる かしけっかんさいせいりょうほう

適応症
下肢閉塞性動脈硬化症(疼痛または潰瘍を伴う重症虚血を呈するものであって、維持透析治療を行っているものに限る。)
技術の実施期間
2019/07/01~
療養内容
採血した血液からCD34陽性細胞という細胞を取り出し、足の血流が悪くなった部位に筋肉注射で移植して、足の血管を再生させる療法です。CD34陽性細胞には血管を作る細胞になる能力があります。 血管が再生され、足の血流が回復することで、痛みや潰瘍が改善し、足が壊死(えし)して切断せざるを得ない状態を回避できることが期待されます。
適応症の下肢閉塞性動脈硬化症は、足の血管が狭くなったり詰まったりして、十分に血液が流れなくなる病気です。重症化して、足に痛みや潰瘍(かいよう)があり、末期腎不全による人工透析(維持透析)を受けている場合に、この先進医療の対象となります。
部位分類
循環器
都道府県 機関名 所在地 電話番号 実施期間
神奈川県 医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院 〒247-8533 
鎌倉市岡本1370-1
0467-46-1717 2019/07/01~

※データ収集は2012年7月1日より行っているため、実際の開始時期とは異なる場合があります。

ページトップへ