先進医療検索

マルチプレックス遺伝子パネル検査(進行性再発固形がん)

まるちぷれっくす いでんしぱねるけんさ(しんこうせいさいはつこけいがん)

適応症
進行性再発固形がん(非小細胞肺がん、乳がん、胃がん、大腸がん、膵がんまたは胆道がんに限る。)
技術の実施期間
2020/04/01~
療養内容
がん組織の一部や血液を用いて、患者固有のがんの遺伝子変異を解析する検査です。 一度の検査で日本人のがんで変異が多く見られる100種類以上の遺伝子について調べることができ、より正確な治療薬の選定に役立ちます。 現在、同様の検査法は、標準治療が終了したケースを対象として健康保険が適用されています。 この先進医療では、標準治療開始時に検査を行うことで、より早い段階から適切な治療薬を用いることができ、生存期間の延長が期待されます。
固形がんは、がんのなかでも、白血病やリンパ腫を除いた、胃がんや肺がん、乳がんなどのかたまりを作って増殖するタイプのがんのことです。
がん分類
胸部のがん
消化管のがん
肝臓・胆嚢・膵臓のがん
その他(固形がん)
その他(進行がん・転移がん)
部位分類
がん
都道府県 機関名 所在地 電話番号 実施期間
千葉県 国立研究開発法人 国立がん研究センター 東病院 〒277-8577
柏市柏の葉6-5-1
04-7133-1111 2020/08/01~
東京都 国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 〒104-0045
中央区築地5-1-1
03-3542-2511 2020/04/01~

※データ収集は2012年7月1日より行っているため、実際の開始時期とは異なる場合があります。

ページトップへ