先進医療検索

内視鏡的憩室隔壁切開術

ないしきょうてき けいしつかくへき せっかいじゅつ

適応症
Zenker(ツェンカー)憩室
技術の実施期間
2020/07/01~
療養内容
食道の壁の一部が袋状に膨らんでできる憩室と食道とを隔てる壁(隔壁)を、内視鏡を使って切開する治療法です。 食道に憩室ができて嚥下障害や誤嚥性肺炎などの症状が見られると、主に憩室を切除する外科手術が行われますが、体にかかる負担は無視できません。 この先進医療では、口から内視鏡を挿入して憩室の隔壁を切開します。外科手術に比べて体への負担が軽く、嚥下障害などの症状が改善することが期待されます。
食道にできる憩室のうち、のどに近い部分に憩室ができるものをツェンカー憩室といいます。時に憩室の中にたまった食べ物が逆流したり、物を飲み込みづらくなったりします。また、吐物により誤嚥性肺炎が起こることもあります。
部位分類
消化器
都道府県 機関名 所在地 電話番号 実施期間
新潟県 新潟大学医歯学総合病院 〒951-8520
新潟市中央区旭町通一番町754
025-223-6161 2021/03/01~
広島県 独立行政法人国立病院機構 呉医療センター 中国がんセンター 〒737-0023
呉市青山町3-1
0823-22-3111 2020/07/01~

※データ収集は2012年7月1日より行っているため、実際の開始時期とは異なる場合があります。

ページトップへ